内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

職業的成長のプロセス 専門家期

RonnestadとSkovholtによる臨床家の6期発達モデルの第5期は、経験を積んだ専門家期です。

様々な現場で数多くのクライエントとの臨床経験を積み、自分の価値観・世界観・パーソナリティーを反映させていく。もう一方で、臨床家としての自分と一個人としての自分の境界も明確に引き、双方の肯定的な側面が相乗的に働く。治療関係の重要性を深く認め、理論や技法を柔軟に使いこなし、単純な答えを求めず、困難な状況に遭遇しても、落ち着いて対処できるようになる。専門的文献だけでなく、自分自身の経験を振り返ることから多くを学ぶ。(一般財団法人日本心理研修センター公認心理師現任者講習会テキストP39引用)

1級キャリアコンサルティング技能士は、指導レベル(10年以上の実務経験を有する)とあり、実技論述試験においては、教育企業分野、需給調整機関、企業分野のキャリアコンサルタントに対しての指導が求められています。そのため、自分が様々な現場経験と、理論や技法をキャリアコンサルティングにおいて使いこなせていることが必要ですから、専門家期のといえます。

しかし、1級キャリアコンサルティング技能検定では、冷静かつ客観的な指導者視点で、キャリアコンサルタントに安心感を与え、気づきや成長を促すことができるかかわりが評価対象となります。

この力を養うには、他者からのフィードバックに対する心理的開放性を高め、自分の指導においての課題を見つめ、見直すことが必要です。

1級キャリアコンサルティング技能士 認定精神保健福祉士 第1種衛生管理者

                               内藤 友子