内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

第8回  1級キャリアコンサルティング技能検定 面接対策

2級実技合格テキストを多くの方にご購読いただき、大変ご好評をいただいており、そのためか、面接対策講座にも、ご遠方から多数ご出席いただき、本日も、講師3名体制で、望ませていただきました。

1級の支援もさせていただいておりますが、今後は、2級から1級を目指したいという方で、私の指導を受けたという方へのご支援を重視していきたいうと考えております。

ですが、今回試験前ということもあり、前回1級に不合格になった受講者から、ご質問をいただき、大変重要だと思ったことを書かせていただきたいと思います。

1級を受験される方は、私の1級合格テキストや、以前所属していた財団からも、DVD付きの1級実技の本が出ていますので、それで、ロールプレイを学んでいる方々も多いと思います。

しかし、いくらよいロールプレイを学んだとしても、ロールプレイの最初でつまずいてしまうと、なんともならないという場合です。

それは、すんなり話してもらえない事例相談者が少なからずいるということです。例えば、事例指導者が、「どのうような面談だったかお話いただけますか」と言っても、「そこに書いてあります」と報告書を指して、だまってしまう。事例指導に乗り気ではないという事例相談者です。

その場合の回避方法を知らないと、最初からロールプレイがボロボロになって、先へ勧めなくなります。4つの評価区分でいうと、関係構築すらできなくなるということになります。

そのようなことで受験される方の苦労が水の泡とならないように、しっかり確実な回避方法を参加される対策講座で学んでくださいね。

私の合格テキストでいえば、P24の事例相談者の成長レベルを意識した進め方です。

実際のロールプレイでは、事例相談者のレディネスを、読み取って対応しなければならないのです。具体的な回避方法は3つあり、3段階で押さえておけば、ロールプレイを再開できます。是非面接対策の仕上げに、まさかの対応!も視野に入れておいてください。

1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 第1種衛生管理者 内藤友子