内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

第9回 1級キャリアコンサルティング技能検定 面接対策ヒント7

時間管理についてです。

事例相談者のレベルや、ロールプレイの進め方にもよりますが、オーソドックスに

進めると、

1.3~5分で、教育指導関係を作り、

2.10分程度で、相談者像を共有し、

3.5~10分程度で、事例相談者の対応に焦点をあて、

指導者視点からの質問で事例を深め、

4.5~10分で、気づいてもらう、指導する。

となります。

そして、事例相談者の課題は、1~2つ出てくればよいです。

そのためには、3までで、事例相談者の課題を特定することです。

特定するとは、事例相談者が対応していなかったことや、聴けていなかったことになります。

特定したことに気づかせるためには、指摘するのではなく、相談者の視点に立って、必要ではなかったかを考えてもらうということです。

抵抗にあうのは、それまでの共有がうまくいっていないからです。

言い方は、できていたこと+ここがプラスされれば、とてもよい。という伝え方です。

試験前なので、難しいことをしようとしないことが大切で、事例指導者の抵抗には抵抗しないことも対話の鉄則ですね。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子