内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

#1級キャリアコンサルティング技能検定面接対策講座

こんにちは。

1級キャリアコンサルティング技能検定面接対策の準備は進んでいますか。

本日は1級の個別指導をしてまいりましたので、その内容から重要なポイントをお伝えします。

昨日は、戦略が大切というお話をさせていただきましたね。自己紹介の中で伝える指導者が大切にしていることをロールプレイで必ず反映させ、口頭試問でも答えるという一貫性が必要となること。ただ、これは準備としてはレベル1にはなると思います。

実際のロールプレイの最大の山場は、SV視点と具体的展開ですが、SV視点は、ヒントが書かれているので、ある程度分かるのですが、それが関係構築がとか、問題把握が、目標設定が、、、というようSV視点だけでは仮説の立て方が少し甘いのです。

論述ではそれでよいと思いますが、ロールプレイは、今ここで行ったロールプレイから問題を把握しなければなりませんので、もう少し具体的な視点が必要です。是非鋭い視点をもっていただきたいと思います。それを明確に一つ持っておくととても指導がしやすくなるのです。3つのケースのSV視点は講座でお伝えします。

もう一つは、具体的展開ですが、多くの方が、時間が迫ってくると突然受容態度から、急変し、厳しい指導になる、という展開になりますが、これもうまい具体的展開にはなっていません。なぜそうなるかと言うと、一つは、CCが話した内容からSV視点として意外な点をそれまでに気付かせていないこと、もう一つは、内容がCCのレベルに合っていないということです。CCがSVの指導の視点を難しいと思うレベルであれば、いくら伝えても、平行線のままです。ここではカウンセリングスキルが必要になります。仕事で講師の割合が多い方は、うまくいかないことが多いようですから、勘を頼りにテクニックを学んでいただくしかないのかなと思います。

1級の対策講座では、人数が少人数の場合は、講師自身のロールプレイと口頭試問も見て学んでいただくスタイルをとりますので、うまく真似てスキルを磨いてください。

個別指導でも、講師自身のロールプレイを入れることが可能ですので、最終チェックしたい方やご自身の課題と合格ラインに達するためにどのスキルを上げればよいのかを理解したい方は、お問い合わせください。年1回の試験ですので、最後はぶつかっていくしかないですが、準備は絶対に必要です!

再度、昨年は近畿地区は実技の合格は、179人中4人です。受検予定の方は4人に入るレベルに達しているか、今一度合格のために、自分自身を厳しく評価してくださいね。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子