内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

第10回 1級キャリアコンサルティング技能検定 面接対策講座 人の成長

今日はとても嬉しいことがありました。

第10回 2日間の1級面接対策講座に参加された方の中に、何を伝えても、反論してこられる受検者の方がいらっしゃいました。来られた時から喧嘩腰で、「国家資格って何なんですか」から始まり、すべて否定されていました。そもそも、昔に2級技能士を取得されたとのことで、キャリアコンサルティングプロセスの6ステップやシステマティックアプローチのこともご存じない方だったので、お話が通じなかったのです。試験範囲の説明や、国家資格の話なども説明させていただきましたが、全てを否定されていました。

そして講座の2日目の朝は、納得されていない様子でした。しかし、私は指導者になる方を育てているわけで、それに対しては言わなくてはなりませんから、朝から意識合わせをさせていただき、途中「なぜ、1級を取ろうと思われたのですか」とお尋ねしました。そうしますと、「それは言えない」と口ごもられました。何度受けても通らない、そしてすべてを否定しておられる、であればなぜ対策講座に来ておられるのか・・・その方を最大限尊重し、「もしご自身のやり方でいいのであれば、そのやり方でいいのではないですか」と申し上げました。

ですが、フィードバックは食い入るようにメモしていらっしゃいます。そして、少しずつ軟化してこられ、反論はするものの、「言っていることはわかりますが」と言葉が変わってきました。

そしてたまたま、その方のロールプレイが講座の最後になったのです。そして全員が驚き、感動したのです。

それは私が伝えていったことをうまく取り入れて素晴らしいロールプレイを見せてくださったのです。ご本人の自己評価はよくなかったのですが、全員が絶賛し、認めました。

人はこんなに成長するのだ!と本当に嬉しく、べた褒めしました。

さすがに、その方も嬉しさがにじみ出ておられました。控えめに、「今日一晩考えたいと思います」とおっしゃり、とても低姿勢になったのです。誰もがこのような展開になるとは思っても見なかったことです。

これが私の今日とても嬉しかったことです。人の成長を見ることができるからこの仕事が好きなんだなと再確認させられました。

受検者の方は、ロールプレイの見取り図と、ロールプレイの見本で、1日目に自分の課題がはっきりと理解でき、2日目に自分を枠を超えようとチャレンジし、その中で否定的になっておられた方が、なんと一番変わり全員が喜んだという学びの場でした。終了時にはそれぞれが、やる気満々で課題を抱えて帰られました。

コロナ禍でありましたが、北海道から大阪までご参加いただいた方もいらっしゃいました。本当にありがとうございました。

否定的な方は、これまで様々な部分のフィードバックを受けたこと、試験に何度も落ちたことで自尊心が傷つけられていたのだと思います。それも理解していました。ですが、心理的に子供パーソナリティーは成長させるべきだと思います。その方は精神論とおっしゃいましたが、基本的態度の評価区分にもあり、自分の感情と相手の感情に気づくことは指導者レベルでは必要なことです。それを乗り越えてこそ、人は成長すると思います。

個人のZoomレッスンがもう少し続きますが、是非受検者の方は、最後の最後まであきらめずにやり切ってくださいね。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子