内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

第10回 1級キャリアコンサルティング技能検定 目標共有が難しい方

もう、あまり時間がとれない方もいらっしゃると思いますが

ロールプレイの進め方は様々ありますが、どうしても目標共有が遅くなってしまう方は、このような進め方もいかがかと思います。

概ね10~12.3分あたりで、お決まりの情報が出てきますので、その後、一緒に見ていく枠組みを先に提示してしまう進め方です。

それでは、「ではここから私たちがキャリアコンサルティングを進めていくにあったての枠組みを共有させていただいて、ご質問させていただいてよろしいでしょうか」と前振りをして、システマティックアプローチの簡単な図を共有し、その図を共有しながら、質問を展開していきます。そうすると、目標設定が上手くいかずに助言してしまった、あるいは相談者と事例相談者のズレを理解してもらいやすいので、進めやすくなると思います。

ただ、その場合は、からなず双方向の確認を取りながら、相談者の質問がどの段階にあるのかを理解してもらい、事例相談者の対応もどこに当たるのかを共有すること、また、事例指導者が何を事例相談者に気づいてほしいのかをはっきりさせていなければ失敗に終わることになります。

受検者の中には、双方向のコミュニケーションがよく理解できていない方もおられますので、指導者としてどこに問題があるのかの自己理解も必要となってくると思います。

常に自分自身の面談においても、客観的な視点をもって、面談終了後には自己口頭試問を毎回実施してみてくださいね。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子