内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

キャリアコンサルタントとしての学生支援者の課題

さて、本日は私が実施した学生さんのキャリアコンサルティングから、大学生を支援している方々への課題をお伝えしたいと思います。

大学では、キャリアガイダンスを行い、キャリアコンサルティングも実施しているところが多いと思いますが、支援する視点が学生の目線で行われていないために、学生を迷い子にさせ、自信を失わせてしまっているケースがあるということです。

私が担当したケースの主訴は

1.学校ではWebでのキャリアガイダンスがあり、業界研究、企業研究も行われているが、専門用語で説明されて難しくて興味がわかない。

2.自己PRが書けない。自分の長所がわからない。

3.志望動機が書けない。キャリアコンサルタントのアドバイスは、どこにでも通用する志望動機となっていると言われたが、どう書けばよいかわからない。

4.企業が出す課題の意味がわからない。

5.働きたいと思うが、モヤモヤしてやる気が起きず、自分の説明力がないために伝わらないと自信を失っているということでした。

これらは、一見よく学生にある問題と捉えがちですが、キャリアコンサルタント側の説明能力や具体的な支援方法を伝えなければならないというキャリアコンサルタント側の課題でもあります。

1.については、業界研究、企業研究を大人目線で説明しても、興味を持たない、理解できない学生は多くいますので、学生目線で作成する必要があります。

例えば、学生が生活の中で興味関心があることから、業界や企業とどうやって結び付ければよいのかの具体的な説明をする。

2.1から長所を言葉にすることは難しいため、エンプロイアビリティーシートや適性検査を受けることで、言葉にすることができる。無料で受けられるサイトや、具体的ツールを教えてあげる等。

3.志望動機が書けないのであれば、興味・能力を調べたうえで、志望動機に何をまとめればよいのかの3つのポイントを伝えてあげる。それを理解すれば、いくつでも志望動機が書けることを伝える。

4.企業の出す課題(例:課題解決能力を数字を用いて書きなさい)という問題がでたときに、考え方を教えてあげる。

これは、ビジネスモデル(その業界・企業がどうやってお金を稼いでいるか)を理解すれば、問題はいくらでも考えられることを教えてあげる。

5.キャリアコンサルティングのやり取りを通して、相談者の方の特徴をフィードバックしてあげる。

というようなことで、前に進める学生もいます。

明日、合同説明会に行くが、どういう準備をしていけばよいのか、ということも、上記の質問の後に積極的に聞いてこられました。

その学生さんは、具体的なことを聞いているのに、抽象的なことしか返ってこないので前に進めず、自分の説明が悪いと思って自信も無くしておられました。

今後も、自分目線で考える学生さんが、どうやって視野を広げていけばよいのかを、大人目線ではなく、学生目線からの説明や導き方の自己研鑽が必要になるのではないかと思います。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

1級キャリアコンサルティング技能検定実技試験 Zoomプレ講座のお知らせ

いよいよ、8月から1級キャリアコンサルティング技能検定 実技試験Zoomの連続講座は始まります。

プレ講座は、8月14(土) 13:00~16:00です。(3時間)

2回目 9月12(日)10::00~18:00

3回目 10月23(土)10:00~18:00

4回目 11月13(土)10:00~18:00

5回目 12月5(日)10:00~18:00(第11回のロープレ3ケース)

 

<プレ講座の内容>

・連続講座の概要

・1級技能検定に求められていること

・合格ラインに達するために必要なこと

・第7回過去問題(必須・選択【需給調整機関分野】の指摘箇所の理解

・面接の攻略法

・ケースの見立て(第10回ケース3)

・事例指導の見取り図と各パートの技能

・面接の進め方と陥りやすい展開と対策

 

Zoom講座ですので、全国どこからでも参加できます。

初めて受検される方、何度も受検されている方も是非ご参加ください。

1級キャリアコンサルティング技能検定 実技試験合格講座【オンライン(Zoom)】!--#include virtual="/caricon/common/inc/title_ginou.html"--> (lec-jp.com)

LECの講座に直接お申込みください。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

 

 

1級キャリアコンサルティング技能士の課題

6月に、今年から始まる1級キャリアコンサルティング技能検定の対策講座に使用する「合格ガイド」を発売させていただき、1級合格者の方からも、キャリアコンサルタントの育成に役に立てたいとご購入希望をいただいており、大変うれしく思うとともに、自分自身の課題とも向き合っています。

2級技能士に受かった方や1級技能士に受かった方の中には、キャリアコンサルタントを指導したいと思う方も多いようですが、合格したことが、そのまま指導できるということではありません。新たな課題に向き合うということや引き続き、合格の技能を「実際の現場」でより高めていくことが求められていると思います。

私が思うに、技能検定は一定時期の力であって、やらなくなってしまえば技能は落ちていくと思います。ですから、1級技能士であろうと、2級の面接が必ずしもうまいということではないし、1級の面接も実施しなければ技能は落ちていくと思います。

新たな課題としては、1級技能士に合格しても、それは自分のやり方で合格した1例にすぎませんので、多くの方を指導をする中で、個の受検者の強みと課題を見ぬき、それに合わせて指導することが必要だと思います。

受検者の中には、できていないことばかりを言われて、間違った捉え方をして伸び悩んでおらる方もいます。

指導者となられた方は、受検者のできていないところ探しをして、優越感を持つのではなく、どうしたら自分とタイプも思考も感情も経験も違う受検者が、技能を習得できるか、成長するのかという課題と向き合うことだと思います。

私もそういった点では、未熟なことばかりです。合格してほしいけれど、合格ラインには達していないのではないかと思う受検者もいるのですが、どう指導したらいいかな。と思案する日々です。

ですが、常に受検者の立場に立ち、国家資格は15分+5分の口頭試問でできること、2級であれば、20分+10分の口頭試問でできること、1級は、30分+10分の口頭試問で、どのような展開であれば合格に近づけるかという技能を模索し、育成という視点を忘れずに、受検者を勇気づけて関わっていきたいと思っています。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

第26回2級キャリアコンサルティング技能検定面接対策講座 第17回国家資格キャリアコンサルタント面接対策講座  

1年のうち、この時期は2級キャリアコンサルティング技能検定と国家資格の試験が重なるため、面接の対策講座では、受検者との濃厚なやり取りが続きました。結果は先ですが、試験終了後、すぐに終了のメールをいただき、とてもよい関係構築ができたとも感じています。

前回技能検定に合格されなかった方が遠方から来られ、目覚ましい成長を遂げられたことは私の何もにも変えられない喜びだなと感じました。

試験においては、例え対策講座でできていたとしても、当日の出来具合によって、不合格となることもあると思いますが、誰がやっても100%はありません。それでも、人の成長はとても素晴らしいと思えました。

2級技能検定の今回の5ケースは、時流になる相談者の事情が出題されていましたので、幅広く相談業務に対応できる熟練レベルが求められているということになります。その中でも、介護や子育ての話に終始するのではなく、キャリアコンサルタントとして、相談者のキャリア形成といった視点を失わずに、進めていけるかということが大切だと思います。

また、国家資格のほうも、論述が難しくなっていますね。

キャリアコンサルタントの質問の意図(本質的な理解が必要です)する箇所も毎回違いますし、要約力も試されています。

学科試験も、論述も、実践を踏まえての解答ということが大切になっています。

国家資格の面接では、15分のロールプレイではありますが、やはり気づきへの関りが求められています。ただ、直前の面接対策講座でも、気づきの質問ができる方はなかなかおらず、深める質問も難しそうでした。

気づきの質問や、深める質問に関しては、2021年版 国家資格キャリアキャリアコンサルタント実技試験 合格ガイドに収めさせていますので、参考にしてください。

受検者の皆様は、本当にお疲れさまでした。しばらくはゆっくりお休みください。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

 

 

第26回2級キャリアコンサルティング技能検定面接対策講座 第17回国家資格キャリアコンサルタント面接対策講座  

1年のうち、この時期は2級キャリアコンサルティング技能検定と国家資格の試験が重なるため、面接の対策講座では、受検者との濃厚なやり取りが続きました。結果は先ですが、試験終了後、すぐに終了のメールをいただき、とてもよい関係構築ができたとも感じています。

前回技能検定に合格されなかった方が遠方から来られ、目覚ましい成長を遂げられたことは私の何もにも変えられない喜びだなと感じました。

試験においては、例え対策講座でできていたとしても、当日の出来具合によって、不合格となることもあると思いますが、誰がやっても100%はありません。それでも、人の成長はとても素晴らしいと思えました。

2級技能検定の今回の5ケースは、時流になる相談者の事情が出題されていましたので、幅広く相談業務に対応できる熟練レベルが求められているということになります。その中でも、介護や子育ての話に終始するのではなく、キャリアコンサルタントとして、相談者のキャリア形成といった視点を失わずに、進めていけるかということが大切だと思います。

また、国家資格のほうも、論述が難しくなっていますね。

キャリアコンサルタントの質問の意図(本質的な理解が必要です)する箇所も毎回違いますし、要約力も試されています。

学科試験も、論述も、実践を踏まえての解答ということが大切になっています。

国家資格の面接では、15分のロールプレイではありますが、やはり気づきへの関りが求められています。ただ、直前の面接対策講座でも、気づきの質問ができる方はなかなかおらず、深める質問も難しそうでした。

気づきの質問や、深める質問に関しては、2021年版 国家資格キャリアキャリアコンサルタント実技試験 合格ガイドに収めさせていますので、参考にしてください。

受検者の皆様は、本当にお疲れさまでした。しばらくはゆっくりお休みください。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

第26回2級キャリアコンサルティング技能検定面接対策講座 第17回国家資格キャリアコンサルタント面接対策講座  

1年のうち、この時期は2級キャリアコンサルティング技能検定と国家資格の試験が重なるため、面接の対策講座では、受検者との濃厚なやり取りが続きました。結果は先ですが、試験終了後、すぐに終了のメールをいただき、とてもよい関係構築ができたとも感じています。

前回技能検定に合格されなかった方が遠方から来られ、目覚ましい成長を遂げられたことは私の何もにも変えられない喜びだなと感じました。

試験においては、例え対策講座でできていたとしても、当日の出来具合によって、不合格となることもあると思いますが、誰がやっても100%はありません。それでも、人の成長はとても素晴らしいと思えました。

2級技能検定の今回の5ケースは、時流になる相談者の事情が出題されていましたので、幅広く相談業務に対応できる熟練レベルが求められているということになります。その中でも、介護や子育ての話に終始するのではなく、キャリアコンサルタントとして、相談者のキャリア形成といった視点を失わずに、進めていけるかということが大切だと思います。

また、国家資格のほうも、論述が難しくなっていますね。

キャリアコンサルタントの質問の意図(本質的な理解が必要です)する箇所も毎回違いますし、要約力も試されています。

学科試験も、論述も、実践を踏まえての解答ということが大切になっています。

国家資格の面接では、15分のロールプレイではありますが、やはり気づきへの関りが求められています。ただ、直前の面接対策講座でも、気づきの質問ができる方はなかなかおらず、深める質問も難しそうでした。

気づきの質問や、深める質問に関しては、2021年版 国家資格キャリアキャリアコンサルタント実技試験 合格ガイドに収めさせていますので、参考にしてください。

受検者の皆様は、本当にお疲れさまでした。しばらくはゆっくりお休みください。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

第26回 2級キャリアコンサルティング技能検定 論述問題 解答例

第26回の論述試験が終わりましたが、いかがでしたでしょうか。

意外とわかりやすい問題でしたね。

やはり組織内のキャリアの転機をどうとらえて、支援していくかが問われています。

問1は、相談者の訴えの要約ができればよいです。

問2は、明確に問題を掴んでいること、どういうことが自己理解、仕事理解ができていないのか、自己啓発できていないのかを書く必要があります。

今回の場合で言えば、

社内外の環境が変化したことにより、相談者の組織内の位置や役割が変化したことに気づかず、好きな仕事に固執している。好きな仕事をやりがいとして働いてきたが、組織の中での客観的な強みや課題が明確化されていない。これらのことから、自己理解、仕事理解不足が見受けられる。

もう一つは、役割や課題についての自己啓発不足の内容をプラスするとよいと思います。

妻とのコミュニケーションは優先度が低いです。

問3は、4S理論やキャリアサバイバルでもまとめることがでいますが、回答例として「計画された偶発性理論」でまとめると、以下のようになります。

  • (目標)相談者が客観的な能力や適性、強み課題を把握し、組織内の中期キャリアの発達課題を乗り越え、自信を回復し、組織及び職業の機会を慎重に評価したうえで、出向に前向きな意思決定ができるように支援する。        
  • (方策)入社以来やりがいをもって頑張って働いてこられたことを労い、ショックな気持ちを受け止めてラポールを形成する。感情が落ち着いたところで、社内外の環境変化を共有し、今後想定外の転機に直面したときのために「計画された偶発性理論」を用いて、新たなライフデザインに取り組む必要性について気づきを促す。目標を共有し、これまでの偶然の出会いや相談者が取った行動を具体的なエピソードにしてもらい、行動特性として好奇心・持続性・楽観性・柔軟性・冒険心の強弱を確認してもらう。仕事の経験から次の仕事でも汎用できるスキルを棚卸しジョブカードに整理してもらう。次の仕事に必要なスキルや役割につても、新しい職場の課長や先輩・上司から課長補佐として求められる役割を情報収集してもらい、行動特性から出向までにできる具体的な行動計画を立て、動機づけしながらフォローしていく。

今週、来週と面接対策講座が始まりますので、がんばって合格ラインの技能を習得しましょう。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子