内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

第28回2級キャリアコンサルティング技能検定Zoom対策講座 

第27回の試験結果では、協議会から面接官からの総評が出されましたね。

これから受検される方、再挑戦される方は、試験官からのコメントをよく読んでいただきたいと思います。

「合否」がどう分かれるのか。と納得のいっていない方もいらっしゃるのではないかと思います。心理的な仕組みからご説明したいと思います。

これは1級受検者にも通じることですが、当日の試験では、受検者の「無意識」が勝つということをよく理解しておかなければならないのです。

無意識は、多くの情報に優先順位をつけ、優先順位の低いもに関して、可能な限り判断のプロセスを省略します。ですから、受検者の「合格したい」「無難に展開したい」、そのために動くという無意識勝ってしまうのです。

面接試験の当日の出来栄えによって、合否が決定してしまうわけですから、受検者は危機感で、全身が緊張しています。そして、目の前にいる相談者役の方よりも、自分を守るために、自分が不利な立場に立たされる予測ができると、その事態を事前に回避しようとして、情報を処理してしまうということが起きるのです。

それが合否を大きく分ける要因であると考えられます。

それが、面接官がいわれている

・口頭試問の振り返りに解離がある、(自己一致していない)

→できていなかったことを挽回しようと、あまたの中で習ったことを当てはめようとすることが起きる。

・早く問題を特定することが目標のような対応、相談者の話を具体的に聴いているにも関わらず、抽象的かつ一般的な目標設定や方策にとどまり、具体性や実行性を欠く場面

→相談者の話がでてきていることから次に展開せず、どの事例にも当てはまるような抽象的、一般的な目標や方策を当て込む。

・口頭試問において、自己理解不足、仕事理解不足、コミュニケーション不足に当てはめる方が多い。

→抽象レベルから抜け出せない。

ということです。

対策講座では、5ケースの見立てを準備して行うわけですが、それにこなれてしまって自己理解、仕事理解、コミュニケーションの問題に当てはめて作りむ方は、残念ながら合格は難しいと思います。あくまでも対策講座での見立ては見立てで、当日は、その通り進めることではなく、当日のご相談者役の情報を基に、その時に見立てていくということです。

ですから、対策講座で学ぶときも、無意識レベルで、安心感を得るために練習するというより、その時々に見立てる力をつけるのだ気づいていただきたいと思います。

・相違者自身のことは相談者から教えてもらう、意思決定の主役は相談者にあるということを念頭に置くこと

は、基本中の基本であること

また、ロールプレイで力をつけるべきは、

相談者の問題に対して、掘り下げる力が弱く、表面的に終わるということから、もう一歩踏み込める展開の力が必要です。

 

事例)

先日、私自身のカウンセリングにおいて起きたことですが、最初にご相談者が「2つのことについて悩んでいる」ということをおっしゃったのですが、ロールプレイの流れの中で、1つの方向に話が膨らんでしまいました。

その時に、私は「自分の見立てで、1つの方向に話を深めていったのではないか」と気づき、相談者に「一つの方向にお話が膨らんでしまいましたが、もう一方のことについては、どうでしょうか」とお尋ねしたところ、ご相談者の中で、そちらの引っかかりの方が大きかったことが語られ、本音の感情を吐露されました。

この展開は、相談者が、お話の中ではっきりしてきたことかもしれませんし、始めからそうだったけれど、CCの価値観で進めてしまったのかもしれませんが、それに気づくことが大切です。

これを試験のロールプレイに置き換えると

面接中に、CCがどのように考えて、その相談者に関わったのか、何に気づいていただけたのか、そして、それを客観視して、自分の修正点に気づいて、どう進めたのかということを、口頭試問で説明できることが、得点源に繋がると思います。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

第28回 2級キャリアコンサルティング技能検定 実技試験 Zoom面接対策講座

第28回 2級キャリアコンサルティング技能検定実技試験 Zoom面接対策講座のご案内です。

1.日時:6月18(土)10:00~17:00 準備編

内容:準備編では、1級技能士による試験の傾向と対策の解説、第28回5ケースの事例の「見立て」を行います。

Zoom講座のため、全国どこからでも参加可能。

価格:15,000円税込み(詳しいケースの見立て資料あり)1日だけの参加もOK

 

2.日時:6月19(日)10:00~17:00 実践編

内容:1日5ケースの面接(ロールプレイと口頭試問)を行います。準備編で行った口頭での解説はありませんが、ケースの見立て資料はあります。

 

価格:8,000円税込み(簡単なケースの見立て資料あり)1日だけの参加もOK

 

3.日時:6月25(土)10:00~17:00 フォローアップ編

内容:5ケースのロールプレイと口頭試問を行います。19日のフォローアップ編ですが、他講座にご参加の方のフォローとしてもご参加いただけます。

 

価格:8,000円税込み(ケースの見立て資料あり)1日だけの参加もOK

 

3日間お申込みの方は、29,000円にて承ります。

 

特定非営利活動法人キャリア・インディペンデンスの講座のホームぺージ 

お申込みフォームよりお問い合わせください。

 

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

 

1級キャリアコンサルティング技能検定 面接官のアンケートについて

第11回の試験から、「面接官から観た受検者の傾向」がキャリアコンサルティング協議会から公表されました。

ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、どのように感じられたでしょうか。

昨日、ごく限られた1級受検者の方々と試験の振り返りを行い、様々な情報交換を行いました。

それについてもツイッターでは、様々な意見があるとも伺いました。試験の合否について、グレー部分のところもあり、様々なことを言い出すときりがないとは思いますが、私の意見としては、「面接官からのアンケートの意見」は、「その通りである」「大変参考になる」との立場です。

私は自分自身が情報を得る場合や発信をする場合も、非常に限定的にしています。それは、SNS時代には合わないかもしれませんが、あまりにも多くの情報が錯綜し、それに踊らされる(心理面)ことによって、遠回りをしてしまい、本質からどんどん外れていくと考えるからです。

皆さんも緊張する試験の場面では、「不安」という得体のしれない状態になります。その時に、自分自身の「慢心」の気持ちや「評価」」を気にして動いてしまう、社会的プライドが、自分を守る方向に無意識にいくよ、ということも承知しておく必要があると思います。

これまでも、同じ目標をもってやっていた方々が、途中から迷走してしまい、???という方向に行き、遠回りをして苦労している姿を見ています。けして遠回りをしてに悪くはなく、それも学びであると思いますが、焦点がずれてくることに問題があると思っています。

1級を取得された方の中にも、他団体のスーパーバイザー講座を受けた方と、技能検定とどちらが上か下かということに拘ったり、ある先生を理想化して崇拝したりするというような自分の「内」ではなく「外」に目を向けてしまっていることも起きています。

受検者から多く聴く声として、「受検するたびに点数が下がっていく」とそのこと自体に問題を感じている方が多く、特にその方々には、今回の総評は、参考になるのではないかと思います。

そこが問題ではないということだと思います。

今回出された面接官からのご意見は、私も対策講座をしていて感じていることをそのものです。対策講座ですので、理論の話もしますし、テクニック的なことも提供しますが、本質はそこではないと伝えても、部分的な内容を積み上げていかれているだけで、本質と繋がっていないなと感じます。

総評にあるように、「事例指導においては、事例相談者をよく知り、共に成長していくプロセスが大切です。事例相談者が事例を通して自身の課題に気づけるような関わり方」これは、基本中の基本だと思います。

なぜ、そうならないか。それは、上記でもお伝えしましたように、目の前の事例相談者への意識というより、自分の不安を打ち消すため、試験に通るための意識が勝ってしまっているから、そこに焦点を当てて聴けないのだと心理面から分析しています。

■基本的態度

「ロールプレイで実施されたことと、口頭試問での振り返りに解離がある(受検者自身の「自己一致」が十分ではない)ケースが散見された」

→その通り。対策講座で、よくロールプレイでどうしたら挽回できるか、と聴かれるのですが、いやいや、まずロールプレイをできるようになろう。と思います。

■関係構築

「目の前にいる事例相談者を蔑ろにしてしまい、準備してきた解釈、解決策の提示によって本質的な課題の理解や事例相談者自身の「気づき」につながりにくい」

→その通り。試験前にケースだけに集中して作り込んでしまう。いやいや、それは必要だけれど、それ以外の応用力が必要でしょう。と思います。

■問題把握力

「また質問力が弱いため、問題の本質に迫りきれない受検者が見受けられた。事例相談者の課題に対し、育成的なかかわりを意識している受検者は少ない印象だった。」

→その通り。決まった質問をする。あまりにも、引き出す力がないと思いますし、問題を見つけてやろうと躍起になる、、、ということが対策講座でも見受けられます。事例相談者が言われたことをスルーしている人、引っかからない人がほとんどだなと感じています。でもケース事例にこなれてくるので、表面的にはスムーズにできている感があり、受検者は上手くなったつもりでいる。

■具体的展開

「課題を抽出し、目標設定するプロセスについて力不足を感じた。指導で用いた理論や技法が、事例から離れてしまっているケースが多く見受けられた。システマティックアプローチ、来談者中心療法、コーヒーカップ・モデルの用語が散見されたが、これらの説明に終始し、また自分の準拠枠、或いは事前に準備してきたシナリオに当てはめ、強制的、一方的な進行になってしまうケースも少なくなかった。」

→その通り。課題を抽出できないということは、聴いていないというだけではなくて、聴いていても、指導者として引っかかりがないということ。抽象的な言葉を具体化していない。そこをすっとばして、理論に当てはめようとすること自体問題。相手のレベルに合わせたプロセスが一番大切でしょう。と思いますが、それを指摘しても、そこには焦点が当たらない。どうもっていったら正解なのかとばかり知りたがる。

というようなことが対策講座でも見受けられます。

ですから、今回協議会から出された内容は受検者にとっては大変参考になることだと思いますので、再度受検される方は、一つ一つの事例に対して、向き合っていくとよいとよいと思います。

そして、試験であっても、事例相談者の方が自分の問題に気づき、それをクリアするために現場で具体的にできることは何か一緒に考え、モチベーションを上げられるように関わることを念頭に置くべきだと思います。

また、「指導者になりたい」と思っておられる方も本質とは違うかもしれません。あくまでも、現場での面談の経験と繋がっていないと、支援者としての焦点がずれているかなと思います。

相談窓口の入り口は、本当に多様化していますよ。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

 

 

 

2級キャリアコンサルティング技能検定 合格発表

久しぶりのブログです。

3月は、1級試験の合否と2級試験の合否がでる時期です。

皆様の中にも様々なお気持ちが渦ましているのではないかと思います。

2級の方からの合格メールギリギリではありましたが、、、とのことでご連絡をいただき、後進の方へのメッセージとしても、詳しく試験内容のフィートバックをいただきました。

ありがとうございます。

2級の実技合格も19.01%ですから、良い方でしたよね。ただ、1570名の受検者に対して、近畿では、実技免除を除くと48名ですから、3%しか受かっていないという厳しさですね。

ですから、これから受験する方は、本当に日々の面談力を上げていくことと、口頭試問の練習が欠かせないかなと思います。

 

またケースも5ケースありますから、運よく自分ができるケースにあたったという方や相手との相性もありますので、受かったから、受からなかったからというだけで見ていくこともどうなのかと思います。

5ケースを安定的にできるということはかなりの面談力が必要です。

後は当日の運。「人事を尽くして天命を待つ」

2級はすぐに6月試験がありますから、もう準備に取り掛かってもよいかもしれませんね。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

1級キャリアコンサルティング技能検定 合格発表

久しぶりのブログです。

やっと、合格、不合格の便りが届きました。

 

ご遠方から対策講座に参加され、苦節5年、今回再度の調整をされた方の合格の便りが届きました。

また、残念ながら論述は、未達でしたが、面接での合格者もでました。

 

実技の合格率も9.62%と高かったですね。近畿では11名の合格者で、5名の免除者を除くと、6名の中に入られたのは素晴らしい結果だと思います。

 

また、合格レベルに達していたにも関わらず、当日の試験がうまくいかず、未達に終わった方もいらっしゃいました。

これが、年1回の試験の難しさだと思います。

合格レベルに到達していても、その日、その時の面接がどうかだと思いますし、キャリアコンサルタント役との相性もあると思います。

来年度に向けての心構えは、

今年点数が良かったからといって、来年できるとは限らない。今年がだめだったからといって、来年がダメとも限らない。という「ニュートラルな認知」はとても重要です。

 

それでも言えることは、安定的に面接が行えること(成功確率を上げる)ことと、当日は合否が頭をかすめることなく、今の面接に真摯に向き合うことは大切かと思います。

また来年に向かって歩み出しましょう。

 

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

 

第11回 キャリアコンサルティング技能検定試験 面接対策 問題把握 具体的展開

皆さん こんにちは。

第11回から、Zoomを使って、グループでの1級指導をさせていただき、2日目には、合格ラインに達する方が出てきましたのでほっとしました。

さて、2月に試験を受けられる方で、直前に自信が持てない方もいらっしゃるかもしれませんので、「介入のポイントと精査された質問」についてをお伝えしたいと思います。

事例相談者の問題が把握できない、具体的展開ができないという方が多いと思います。その問題の把握の仕方ですが、そもそも何を根拠に、介入(多くは質問している)のかということです。

その根拠が理解できていないために、質問が精査されず、時間がきてしまうということに陥ります。

では、根拠とは何かです

それは、システマティックアプローチの流れ、またはキャリアコンサルティングプロセスの流れや倫理綱領ということになります。

ただし、ここで問題なのは、その根拠を、事例相談者の言葉から見つけられない(聴きのがしている)ということなのです。

あるいは、自己理解ができていないとか、仕事理解ができていないなどの抽象的な言葉のみに当てはめて、評価的に聴いています。

具体的な例を示します。

相談者が「どのような相談者であったか」と尋ねるところまでは聴けたとします。

それが、ケース3の学生の事例で、内定が得られなかったことでショックを受けて、夜も眠れなくなっている状態だったという話を聴いて、事例の見立てから、そのような相談者に対して、適性検査を実施するのはどうなんだ?という考えが浮かぶと思います。

その事例指導者の対応として、

1.それをストレートに伝えてしまい、抵抗を起こされる。→コミュニケーションの表現不足

2.関係を壊したくないのでわかっているが介入できない。→心理的問題、防衛

3.見立てがないので、それに気が付かず、次に行く。→2級レベルの聴き方

ということが一般的に起こります。

しかし、介入のポイントは、そこではないことに気づかなければなりません。

その介入(質問)のポイントは、

事例相談者が、心理的問題を抱えた相談者を扱えたかどうか」を質問しなければならないのです。

これも本質的なことですが、この試験の目的です。事例相談者の成長を考えての関わりですから、そこに目が向かなければなりません。

何を根拠に質問しているかというと倫理綱領第8条(任務の範囲)です。それを確認したうえで、キャリアコンサルタントとしてできることを一緒に考えていくのです。

では何を考えていくのかですが、

もし相談者が自分が扱えないのであれば、心理士へのリファーです。

キャリアコンサルタントが扱えるとしたら、「傾聴」に戻るということです。

しかし、ここでまた一つ問題です。

「傾聴」をどう指導するかということが、指導者側が理解できているかです。

なんとなく、「傾聴が大切ですよね」とか、「そこ聴けていませんでしたよね」とか、「受容が大事ですよね」という話であれば、教科書で終わってしまいます。

ですから、指導者としては、「傾聴の本質的なことを体感として」理解し力をつけてもらいたいのか」「傾聴の技法」の力をつけてもらいたいのかというが、指導者側がはっきり理解できていなければ、ただの質問を繰り返して時間切れ。。。になってしまいます。

もう一つその先は、では、「傾聴の本質的なことを体感として理解してもらう具体的展開の方法は?」「傾聴の技法を伝える方法は?」ということですが、受検者の方は、ここまでご準備ができていますでしょうか。

このように、「表面的に表れる質問」を深く読み解き、「その後の展開」がイメージできているか、ということをもう一度試験前に、自分自身に問いかけて、準備をしていただきたいと思います。

ここまで読み解いて進めていけば、指導者としての合格ラインだと思います。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子

 

 

 

第11回1級キャリアコンサルティング技能検定 直前面接対策

1月22日、23日の2日間、第11回1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座のフォローアップですが、23日のみ、1名キャンセルがでましたので、最終調整したい方は、1日のみのご参加を承ります。

 

特定非営利活動法人キャリア・インディペンデンスのホームページよりお申込みください。

公認心理師 1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 内藤友子