内藤友子 OFFICIAL BLOG

〜キャリアコンサルティング技能士の資格を取得しよう〜

第13回キャリアコンサルタント試験 論述問題

こんにちわ。

第13回キャリアコンサルタント試験(キャリアコンサルティング技能協会)論述試験はいかがでしたでしょうか。

CC協議会の問題は、2級キャリアコンサルティング技能検定と構造は同じですから論述対策の勉強になります。2級キャリアコンサルティング技能士の試験を受けられる方は、是非チャレンジしてみてください。

今日は、問3の提案の導き出し方について(2級技能士では目標)お伝えします。

私が論述でも、面接でも推奨している過去・現在・未来+環境に分けて考えてみると、CC視点の問題と方策が出てきます。

今回の場合は、3つの点が考えられます。自己理解、仕事理解、コミュニケーション不足ですが、CC視点の問題を指摘するうえで重要になるところは、根拠とのつながりが強いかどうかということになります。

Zさんは、前職の経験から、正社員は難しいのではないかと思い込んでいる。

長く働ける職場、結婚して子供を産んでも働きたい、家庭と両立したいという希望は持ちつつも、目先の業務量の多さや責任に目が行き、正社員として働くことは考えず、キャリアライフプランも検討されていないことから、自己理解、仕事理解不足と考えられる。

もう一点は、現在の仕事にストレスを溜めていたり、断ると上司との関係が悪くなって居づらくなるという発言から、周囲とのコミュニケーション不足が考えられる。

という観点が捉えられていたらよいでしょう。

そして、CC視点が分かると、提案が2つ出てきます。

①これまでと今後の仕事の適性や能力、やりがい(~について考えてみる)

②中長期的なキャリア・ライフ計画(~について考えてみる)

となりますね。

公認心理師 精神保健福祉士 1級キャリアコンサルティング技能士 内藤友子